黒執事のオビツろいど(ねんどろいど×オビツ11ボディ)を大人の本気で遊び倒す!とうふのブログです。

studio TOFU

today2017.07.16

簡単サンダルの作り方

どうも、とうふです。

昨日の麦わら帽子(改)の作り方記事の最後で「サンダルも需要あるかな…」とまとめさせていただきました。
ありがたいことにリクをいただいたので、すっかり調子に乗ってサンダルもご紹介しますよ!

いつもの適当クオリティで申し訳ないですが、ちょろっと写真撮影するのには十分!来年はちゃんといいの買うから!…みたいなレベルということで、どうかひとつ。

そして、作る最中は全然ご紹介するつもりが無くて写真を撮っていなかったので、使用素材のパッケージとか無く、すみません…!どうかふたつ。

 

材料

・100均のスエード紐
・100均のコルクシート
・ミニミニバックル

こういうのです。後で詳しくご説明します。

 

作り方

①100均のコルクシートで底を作ります

ダイソーで見かけたのは、左の粗目のシート。
Seriaで見かけたのは、右の細目のシート。

Seriaの方が、ミニチュアがより自然に見えるかと思ったのですが、こちらリメイクシート?で、裏が粘着シート仕様になっています。
オビツ11の足の裏に粘着面がきてしまいますので、べたべたが付くのを気にされる方は、ダイソーのが良いかもしれません。
私は全く気にしない方なので、Seriaを使いました。
厚さも、Seriaの方が薄い気がします。

オビツ11の足を置いて、周りをぐるりと鉛筆なんかでしるしをつけ、切り出します。

右側が完成品ですが、粘着シートの感じが伝わるでしょうか…w

 

②スエード紐にバックルを通して、ボンドで留める

スエード紐は、使用した商品のほうはパッケージが無くてすみません。
家にあった別商品は、右側のパッケージのものですが、これだとちょっと細いです。

ただ、バックルを別のものにしたり、バックルをそもそも使わず2連とかにするなど、いろいろ応用自由と思います。
女の子なら、デコっても。

バックルは、最初の「材料」の項目でブロンズをご紹介しましたが、他にも「シルバー」「ゴールド」があります。

 

◆バックルのカラー展開

「サイズ:外経6mm×6mm×内径4mm
で、スエードの紐ぴったりくらいのパーツになります。

 

◆もうちょい小さいバックルもありました

バックルのサイズは、他に
「サイズ:6mm×4mm×内径2.5mm
というのを見つけました。
スエードの紐の太さによっては、こちらのバックルがうまくはまるかもしれません。
(お手持ちの紐の太さをちゃんと測ってみてくださいね。

こちらも3色見つけました。

小さいバックルは、衣装を作る際にベルトの金具として活用できたりと便利なので、ひとつあると作品の幅が広がってオススメです。

紐を取り付けたい所にボンドを付けて接着すれば、完成です!

 

完成

雰囲気が出ていれば良いなと。

 

「作ったレポ」ご紹介①【2017.07.16 23:17追記】

しるば* (@sasasatora)さんが作ってくださいました!
ボタンの金具表現と、フェイクレザーをベルトに使うアイデアが素敵♪そして、側面留め…!材質にもよるかもしれませんが、側面の方が表面積が広いのでこちらの方が何倍も強度ありそうです!!!目から鱗でした!
掲載許可もありがとうございましたー!!!^^

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして頂けたら嬉しいです。