2017.05.11 (最終更新:2018.06.02

ミニチュア紙コップの展開図【素材配布&計算解説】

Share

どうも、とうふです。

ミニチュア紙コップを作るのに、高さや幅が違う展開図をいくつか作っておいたら便利だな?と思って書き起こしてみました。

実は今までは、適当に作ったあと調整を繰り返していたのですが、詳しい人に聞いて一回ちゃんと計算してみたので、計算方法もざっくりご紹介します。
中学校の数学で習うような内容なのですが、久しぶりすぎて難しい…計算間違っていたらコッソリ教えてくださいw

展開図は正確に出したとて、正確に作れるかはまた別というのを如実に示している残念な写真。

 

紙コップ展開図素材 【商用二次加工等 ご自由にどうぞ】

のりしろ部分は適当に付けました

EPSデータも置いておきます。
柄、自由に編集してみてください。

170511_papercup

 

作り方解説

①大きさを決める

紙コップを具体的にどんな大きさで作るか、上面と底面の直径、高さを決めます。
今回は、「上面10mm」「底面8mm」「高さ12mm」とします。

 

②計算する

 

③計算に添って展開図を作る

のりしろ付けて、こんな感じで完成しました。

別サイズも作ってみます。

 

 

ペーパークラフトが作れるソフトがあれば、簡単に作れるんだろうか…?

「作ったレポ」ご紹介①【2018.05.27追記】

hari (@TwinsHedgehog)さんが作ってくださいました!
インテ前日の乾杯に活用ありがとうございます!
飛んで行って一緒に乾杯したいです…w
掲載許可をありがとうございました!

Share

 

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして頂けたら嬉しいです。