2019.01.27

ストロボ(スピードライト)導入で、写真のクオリティが断然アップする話

Share

どうも、とうふ(@tofu56)です。

去年、スピードライトを買いました。
以前から
「外付けフラッシュ欲しいな!バウンスってのしてみたいな!でもお高いんでしょう…?プロでもないし。」
と、撮影ブースのライティングや背景シートを整えたりして満足していましたが、ところがドッコイ。

ボーナスが出たくらいで気が大きくなって買ったのですが、
端的に言って、スピードライド(外付けフラッシュ)は絶対に買いです
オススメです。

Canonユーザーで『EOS Kiss X5』と『8000D』を使用していますが、ほぼ何にも考えずに、
約6,000円[NEEWERNW680/Amazon/2019.01.27現在]で、段違いにクオリティの高い写真が撮れます。
鼻息荒いですね、荒ぶらせてください。

純正のお値段は、カメラ一台買えるくらいお高いので正直無理でしたが。
サードパーティー製で、性能が良い物が安価で出ていました!
Canonユーザーにオススメの商品がこちら!!

リンクの先の検索結果には、もう少し安いのもある(なんと3,000円!!!)のですが、こちらは
TTL自動調光(TTL = Through The Lens)という機能が付いていて楽チンです。
ハイスピードシンクロも可能です。

おすすめポイント

  • 首振り可能 天井バウンスができる
  • ハイガイドナンバー(明るい)
  • 安い

参考までに、Canonの純正品で例えばこちら。

比較写真

ライトなし(自然光)


画面右側は窓からの光で明るいものの、左側が暗く沈んでいます。

スピードライト <天井バウンス>


スピードライトの発光部を天井に向けました。
天井が色のついた壁紙だと色被りを起こしてしまうのでNGですが、
光が全体にまわって明るく撮れているのがわかるかと思います!!!(興奮

おまけ:スピードライト <真正面から>


スピードライトを使用しましたが、真正面から。
普通のカメラの内蔵フラッシュをイメージしてみました。
このように不自然に光がまわるなら、自然光の方が何倍もマシだよねという比較写真です。

取り付け


私はCanonの『EOS Kiss X5』と『8000D』を所持しているのですが、どちらも使えました
アクセサリーシュー部分にはめて使います。


ON OFF スイッチを入れて、暗いなと思ったら「SET」ボタンで「+」明るすぎたら「-」を調整するだけ!
難しいことは全部、スピードライトさんがやってくれます。

他のメーカーのおすすめライトなどは把握できていなくてすみません。
Canon一筋(というか他を試すお金がない)なのでそこはお許しくださいませ…!

Share

 

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして頂けたら嬉しいです。